交流サイトで被害に遭った18歳未満の子供は今年上半期で598人に上る

警察庁のまと交流サイトの利用した18歳未満の子供が性犯罪になどの被害に遭った人数が、今年上半期で598人に上ることが警察庁のまとめでわかりました。

また、その598人のうち全国の警察で把握できた343人から話を聞いたところ、交流サイトを利用することに親から注意を受けたことはないと話していた人が55%の190人もいたというのです。

警察庁では「親が子どもにせがまれるなどして携帯電話会社に設定しないよう求めたケースが多い。親も含めて交流サイトの危険性を知ってほしい」と注意を呼びかけています。

携帯電話やスマホは便利な道具ですが、その道具は使い方や使う人によっては、犯罪の道具になってしまう危険性もあります。

子どもに携帯などを与えるのなら、親が危険性を話さないといけないでしょう。

 

小規模保育の認可基準が緩和される

従来の認可保育所では、設置のための広い土地や人材の確保が必要となるため、特に都市部で認可保育所の設置が難しく、それが待機児童の増加という問題に繋がってしまっています。

そんな保育所の待機児童解消の切り札と注目されているのが小規模保育です。

小規模保育とは、定員6〜19人で、0〜2歳が対象の保育園。

しかし、この小規模保育に対し、一部の自治体は独自に補助金を出すなどしてはいるものの、現在は「認可外」の扱いになっています。

そんな小規模保育の認可基準が、29日開かれた政府の「子ども・子育て会議」でまとまり、現行の認可保育所では保育職員全員に保育士の国家資格を義務づけている要件を、2分の1以上に緩和されたそうです。

今回、小規模保育の認可基準が緩和されたことで、小規模保育が設置しやすくなったはずです。

これで、待機児童の問題が少しでは解消されればいいですけどね。

 

 

チューリヒからニューヨークに輸送されていた現金が輸送中に行方不明となる

25日、スイスのチューリヒからニューヨークに輸送されていた、現金120万ドル(約1億1700万円)分の100ドル紙幣が輸送中に何者かに盗まれて行方不明になる事件が起きたそうです。

FBI報道官によると、現金はチューリヒでスイスインターナショナルエアラインズの旅客機に積み込まれ、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に到着した後に、120万ドル不足していることが判明したというのです。

どの時点でお金が盗まれたのかは不明ですが、現金は専用のケースに入れられ、さらに大きなコンテナに収納されているため、輸送中に盗み出すのは、かなり難しいということです。

だとしたら、旅客機に積み込まれる前に盗まれていた可能性が高いんじゃないでしょうか。

 

ゴッドイーター2が前作からのデータの引き継ぎができる

バンダイナムコゲームズより、PSPとPS Vita用ソフトとして2013年に発売予定のGOD EATER2(ゴッドイーター2)。そのゴッドイーター2が、前作のゴッドイーターバーストからデータ引き継ぎができることが明らかになりました。

引き継ぎができるのは、神機パーツなどのデータ。

前作で集めた物を続編に持っていけるのは、前作をやりこんだ人には嬉しい対応ですよね。

引き継ぎによって、新規ユーザーが有利になるということはないようですが、ゴッドイーター2が発売されるのは、まだ先ですし、ゴッドイーターの世界観を知って、ゴッドイーター2をより楽しめるようにするために、今のうちに前作をやりこんでおいたらいいかもしれませんね。

今なら、中古で購入すれば、そんなに高くありませんしね。

 

 

第266第法王が決定

ベネディクト16世の退位に伴う新法王選出会議「コンクラーベ」は2日目で、ついに新法王が決定しました。

1日目には投票が過半数に達しなかったため、新法王が決まらなかったため黒い煙りが上がりましたが、13日夕(日本時間14日未明)に新法王が決まったことを知らせる白い煙りが上がると、投票結果が出るのを心待にしていた人たちから歓喜の声が上がったのです。

新法王となったのは、アルゼンチン出身でブエノスアイレス大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴーリョ枢機卿。

中南米出身者が法王に就くのは初めてで、欧州以外の出身者が法王に就くのは、約1300年ぶりのことになるそうです。

第266第法王「フランチェスコ1世」を名乗ることになったベルゴーリョ枢機卿、カトリック教会の信徒12億人のうち、約4割が中南米に集まっている、今の教会の現状を反映した法王といっていいでしょう。

 

 

強化試合で強力打線を見せつけたキューバ代表チーム

3月2日にいよいよ開幕する、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。

WBCの1次ラウンドでは、日本はA組に入っていますが、そのA組には強敵キューバ代表チームも入っています。

そのキューバ代表チームが1日、ソフトバンクとの強化試合を行いました。

3回に守備の乱れや四球などもあり6点を先制されたキューバ代表チームでしたが、一度、火が付いた打線は驚異的で、甘い球は見逃さない積極打法によって一気に畳み掛けられたソフトバンクは6点差をひっくり返えされ、10—8で逆転負けをしてしまいました。

好調のキューバ代表チームに比べ、強化試合ではあまり調子が上がっていない侍ジャパン。

過去2大会の優勝国が、1次ラウンドで姿を消すことになるかもしれません。

東京大などの研究チームが天然ウナギの幼生の餌を突き止める

長く謎だった天然ウナギの幼生の餌を東京大などの研究チームが突き止めたそうです。

天然ウナギの生体には謎が多く、まだわかっていないことも多いため、ウナギはいまだに、卵から成魚までを人工的に育てる完全養殖ができないでいます。

しかも養殖に必要な稚魚の不漁が続いているため、ウナギの価格が年々高騰しているのです。

さらにウナギの価格が高騰している原因には、養殖を天然資源に依存していることもあるというのです。

今回、天然ウナギの幼生のエサがわかったことで、すぐにウナギの完全養殖化は実現できませんが、天然資源に依存する率を少しでも減らすことができるようになれば、ウナギの価格高騰に歯止めをかけることができるでしょう。